ハルカナ ~The desire will change the world.~

ピンク髪と姉御好きで、whirlpoolを全力で応援している管理人が、学校での出来事、自作小説を書き綴ります 相互リンク募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

休み前テスト~

何で休みにテストなんかあるんだろう
普通だったら休みにやるだろうに……
まあ、マークシート式だったため適当にやってもよかったけどね~
全部Cを選んでも良かったけど、それをすると後から呼び出しされかねないのでやめたw
でも意外とが多かったな~


テストの解答用紙に「これでおわりです」と書いてあることに気付く
別にただそのままの意味で受け取ればいいのだが、これを何かに活用できないだろうか?

……そんなわけでやってみた
まあ駄文なのでてきとーに目を流す感じで
決して小説とかには関係ないので
適当なため、名前とかもA君とかでやるので……w


A君は久しぶりにテーマパークに来ていた。
最近勉強続きで遊ぶ機会が少なかったのだ。
息抜きにでも、と思い、友人を誘って遊びに来た。
ここに来たのはいつぶりだろう……。
あの時は、帰るのが嫌でイヤで仕方がなかったっけ。

これでおわりです

という機械の言葉が妙に冷徹に聞こえたな。


遊び疲れて、ベンチに座っていると友人の1人がこう答えた。

「ここ人数少ないし、万引きしてみないか?」

今の時間帯は賑わっているはずなのに、なぜか人が少ない。
このテーマパークも人気がなくなってきたのだろうか。
昔は結構賑わっていたのにな……。
それはともかく、万引きだって?
ただした瞬間のスリルを味わおうというだけのものだろう。
だったら他にするべきことがあるだろうに。

「やめとけって。危ないって」

懸命になって止めようとした。
友人に犯罪者がいるなんて嫌だろう?
でも、A君の考えは無視されて、結局じゃんけんで勝った人がやることに。


じゃんけんはあまり目立たない友人が勝ってしまう。
でも約束は約束。
売店に人がいなくなった隙を狙って、友人が走り出した。
誰もがその様子を伺っている。
万引きをする友人の息を呑む音が聞こえてくる。

誰もが緊張していた

そんな緊張も、万引きが成功したという事実で解けてしまった。

「案外簡単だったな。誰もいなかったし」

盗ったのは100円のガム数個。
でも、それ以上のものを手に入れたというものが僕らにはあった。
悪いことなのに、それは自然と自分という存在を証明してくれている気がする。
僕はこんなことができるんだ、と。


非行は必ず誰かが見ている。
だから今回も誰かが見ていた。

そう、監視カメラだ

僕らは緊張していたためか、誰もが人を意識しすぎて監視カメラまで目が行き届かなかったのだ。
万引きしていた様子をカメラは見事に写し取っていた。

万引きをした日から数日が過ぎた。
普段はとても眠くて、目を開けるのにも困難なのに、今日に限ってそうではなかった。

警察に呼び出された――

学校にパトカーが止まったのが鮮明に覚えている。
捕まる……捕まってしまう……。
そんな不安の心でいっぱいだった。
それは友人も同じことで。
誰もが罪悪感に満ちていた。
ああ、あんなことやらなきゃよかった、って。


僕らはそこまで正直じゃなかった。
何より、学校から酷い目で見られるのが嫌だった。
だから僕らは隠蔽することにした。
証人がいなければ、犯罪にはならない。
だったら誰も見ていない、やっていないことにすればいいんだ、と。
校長室に一人ひとりが呼ばれ、その日何があったかを答える。
みんなテーマパークには行ってない事にした。
監視カメラが間違っている、と。
確かにカメラはそんなに近いところにはない。
せいぜい、何人ぐらいいる、ぐらいしか分からないだろう。

でも、僕は嘘がつけなくて……。
気付くと、テーマパークに行った、と話してしまっていた。
誰と言ったかを聞かれて、自分ひとりということしか嘘はつけなかった。
自然と僕がやったことになっていた。
僕以外誰もテーマパークに行ってないのだから当たり前か。
自宅まで警察が来て、親が賢明に謝っている姿をまともに見ることが出来なかった。
その時、僕の頭の中にある言葉が渦巻く。

こ れ で お わ り で す

もう終わってしまった。
信頼、という大切なものが崩れていく。
もう、取り戻せないんだ……。

| 日記 | 21:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

テストの一文という些細なモノからこの物語……
発想や着眼点などが本当凄いですw

取り戻せない信頼……なんというか恐ろしいですね。
ちょっと魔が差してやったことから、ここまで発展する……
常日頃から気をつけていかないと、という教えが深く刻まれました。

| not瀟洒 | 2010/03/23 23:51 | URL |

なんてパネェww
発想の勝利。
引き続き、支援。

| とある紙男の自動小銃 | 2010/03/24 19:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zetsushinn.blog23.fc2.com/tb.php/430-c42f078d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。